◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フランス語の本ドットネット
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
こちらも必見♪

フラ語動詞、こんなにわかっていいかしら?

『仏語入門最大の関門を低くしてくれる良書』
私は仏検3級の準備の際,「暗記本位 仏検対応5・4・3級フランス語動詞活用表」(活用の発音を収録したミニCD付き)という目から鱗の本を活用しましたが,本書も活用の覚え方のコツをわかりやすく説明しています。特に,それぞれの法や時制の語尾の活用パターンを覚えてしまえば,後はそれぞれの法や時制の語幹を確実に覚えることの方が重要になります。この辺りの勘所をわかりやすく説明しているので,フランス語の入門段階での最大の関門がかなり低くなることでしょう。

本来は仏検4級程度までの入門者を対象にしていると思いますが,上記のような基本的な考え方はレベルが上がっても同じなので,仏検用の問題集等と併用すれば,仏検3級までなら充分対応できるはずです。動詞の活用でつまづいている方にはぜひともお奨めです。

さらに,仏検2級以上になると動詞の数も増えてくるので,私は「Bescherelle: LA Conjugaison Pour Tous: Dictionnaire De 12,000 Verbes Bescherelle」という原書を必要に応じて参照しましたが,入門段階で本書を活用して基本を固めておけば,対応もスムーズでしょう。それだけに,音声についての情報がカタカナだけで,CDがないのが何とも残念です。

戻る

こっちも面白い♪
TOP

(C)フランス語の本ドットネット